庭にタネをまき、
水をやり、育てていく。

でも、なぜか、
いつも、うまく育たない。


まいたタネが悪かったのかな?

まいた場所が、悪かったのかな?

水が腐っていたのかな?


失敗したら、またやり直す。
試行錯誤をくり返す。

あるとき、似たようなパターンに気づく。


よくよく庭を見てみると、
雑草の根が、土のなかに広がっている。


庭のどこにタネをまいても、
いつも、この雑草にジャマされる。


「そうか!まず、この雑草を、
なんとかしないと、いけないんだ...」




進む道が見えたなら、
あとは、歩いていけばいい...。