こんにちは、kanataです。

うつ病を経験して、身にしみて感じたことの中の1つに、
睡眠(ぐっすり眠れること)の大切さがあります。

今回は、その睡眠のためにできることを
いくつか書いていきたいと思います。



青色光をカットしてくれるメガネをかける


今もそのメガネをかけて、このブログ記事を書いています。

Evernote Camera Roll 20170427 145635.jpg


スマホ、タブレット、パソコンなどから
発せられるブルーライト(青色光)は、
夜にはメラトニンの生成を抑え、
眠りにくくなると言われていますが、
このメガネは、その青色光をカットしてくれます。

1週間くらい使っています。
長時間かけていると、耳のあたりが少し痛くなりますが、
目がつかれにくくなり、眠りやすくなったように思います。

普段からパソコンなどを使うことが多い人にオススメです。



就寝90分前からオレンジ系の光にする


「キャンドルがいいよ〜」と言われたときは
「え〜」という感じだったけど、1ヶ月くらい
試しにやってみようと思い、今、1週間が過ぎました。

結構、幻想的な雰囲気で、いい感じです。

その90分は、ポッドキャストを
聞いたりなどして過ごしています。

キャンドルでなくても、
オレンジ系の光の照明が、寝る前には良いそうです。
(青色光はメラトニンを抑えてしまうため)



寝る前に瞑想する


寝る前に、横になってしてもいいし、
就寝90分前にしてもいいと思います。

私は、横になって、そのまま眠りにつく感じでしています。

こちらの本に、寝る前の瞑想、寝起き瞑想についても
書いているので、よかったら参考にしてみてくださいね。